メディカルリソースHPへ

produced by MEDICAL RESOURCES Co.,Ltd.


かかりつけ薬剤師コラム


特集 未来薬剤師を大胆予測

これからの10年は、医療保険財政の適正化、地域医療構想、医療情報の電子化、大企業の調剤事業への参入とそれに伴う医薬品流通の大変革など、激動の変化が予想されるなか、薬局の機能や薬剤師の業務は、今後どうなっていくのでしょうか。そこで、制度改革の行方をにらみつつ、未来の薬剤師を大胆に予測してみました。


特集 かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書

国民の医療の質的向上を図ることを目的として医師と薬剤師がそれぞれの専門分野で業務を分担する医薬分業が推進されて以降、薬局における処方箋受取率は増加し続けています。その一方で、医薬分業における薬局の役割が十分に発揮されていないとの指摘もなされています。今回は平成30年3月に厚生労働省から公表された 「かかりつけ薬剤師・薬局に関する調査報告書」を抜粋して紹介します。


特集 かかりつけ薬剤師になるためには

かかりつけ薬剤師はどの薬剤師でもなれるものではありません。新たに試験などに合格する必要はないものの、厚生労働省の定める条件をクリアしている必要があります。ここではかかりつけ薬剤師になるための要件を説明します。


友だち追加
TOP
戻る